• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
沖縄県産サッと溶ける粉末生姜100g
型番 ginger001
販売価格

1,280円(税込)

購入数


インドでは紀元前300-500年前にはすでに保存食や医薬品として使われ、中国でも論語の郷党編の中で孔子の食生活にはじかみの記述があり、紀元前650年には食用として利用されていたことが伺われるらしいです。

日本には2-3世紀ごろに中国より伝わり奈良時代には栽培が始まっていました。『古事記』に記載があるように早くから用いられています。また、大陸からミョウガとともに持ち込まれた際、香りの強いほうを「兄香(せのか)」、弱いほうを「妹香(めのか)」と呼んだことから、これがのちにショウガ・ミョウガに転訛したとする説があるらしいです。

中世のヨーロッパではショウガの需要がコショウに匹敵するほど高まり、14世紀のイギリスでの相場はショウガ1ポンド(約450グラム)でヒツジ一匹の価格に相当。ヨーロッパ人が植物としてのショウガを初めて見て記録したのは、13世紀にマルコ・ポーロがインド・中国で見た時のものが初めてであるとらしいです。15世紀末に新大陸が発見されると、ショウガはすぐに栽培作物として持ち込まれ、16世紀半ばには西インド諸島はショウガの産地となりました。

ショウガは地下に根茎があり、地上には葉だけが出て、葉はまっすぐに立った茎から両側に楕円形の葉を互生したように見えるが、この茎はいわゆる偽茎で、各々の葉の葉柄が折り重なるように巻いたものです。。花は根茎から別の茎として出て、地上に鱗片の重なった姿を見せます。花はその間から抜け出て開き、黄色く、唇弁は赤紫に黄色の斑点を持ちます。ただし開花することは少ないため、根茎による栄養繁殖が主でです。このため、品種の分化は少ない。
ショウガの根茎は、ギンゲロールとショウガオールに由来する特有の辛味とジンゲロン、ジンギベレンに由来する独特の香りを持ちます。産地により香りの傾向が異なり、アフリカ産は樟脳のような匂い、インド産はシトラールの匂いに特色があります。

ショウガは主に香辛料として使われます。日本料理ではすりおろすか、すりおろしたものを醤油と合わせて生姜醤油とするか、千切りにする(針生姜)か、刻んで振りかける使い方が多いです。カツオ(初鰹)の付け合せの定番となっており、ほかに冷奴、素麺、アジの寿司やたたきなどに生姜は欠かせない薬味とされています。地方独特の使用例では、姫路市でおでんを生姜醤油で、青森市では生姜味噌で食べる習慣があります。そのほか、カレー、酸辣湯などの料理にさわやかな辛味をつけるのに用いられます。
日本料理、中華料理では魚や肉料理の臭味を消すためにも多用。煮物、炒め物、スープに薄切りしたものを加える事が多いです。
ショウガの根茎をそのまま食べるものとして、酢、塩、砂糖で調味した生姜の甘酢漬けや、梅酢で漬けた紅生姜があります」。薄くスライスした甘酢漬けは寿司と共に出され、符牒ではガリと呼ばれます。紅生姜は、細かく刻んで焼きそば、たこ焼きなどに加えたり、ちらし寿司、牛丼などに添えられる他、新生姜を皮を剥いただけの根茎のまま酢漬けしたものもよく出回り、そのままでも食べられます。関西の一部地域では薄く切って天ぷらの定番食材として用いられます。
ショウガの芽を湯通しして甘酢に漬けたものを、はじかみあるいははじかみ生姜といいます。焼き魚等に彩りや口直しとして添えられる。端が赤いことから「はし赤み」が転じて「はじかみ」になったといわれる]。または、「はじかみ」とは顔をしかめる意で刺激的な味を表す語に由来するとも言われる。また、根茎に砂糖を加えて煮てから、さらに砂糖をまぶした砂糖漬けも作られます。
生姜飴、生姜糖、葛湯、冷やし飴(飴湯)、ジンジャーエール、生姜茶(センガンチャ)などの材料として、甘い味と合わせて用いる事も多いです。
欧米や中東諸国では乾燥させたドライジンジャーを利用することが多いです。ジンジャークッキー、ジンジャーブレッドなどの焼き菓子にも。

日本薬局方においては、単に乾燥させた根茎を生姜(しょうきょう)、蒸してから乾燥させたものを乾姜と区別しています。なお、乾生姜(かんしょうきょう)とは、新鮮な同じです。また、生姜を加えた葛湯は、体を温めて、免疫力を高めるため、風邪の民間療法によく用いられます。

『沖縄県産サッと溶ける粉末生姜』は、生姜(ショウガ)を粉末にし色んなことにできるようにしました。
健康に料理に風邪の民間療法に・・・。

ぜひお試しください!!
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける